沖縄旅行

キッズにおすすめの沖縄ビーチをご紹介

沖縄旅行へいったら、海遊びはマストです。沖縄旅行での子供連れにおすすめのビーチをご紹介します。
アラハビーチです。沖縄本島の中部、北谷にあるビーチです。比較的新しいビーチで、とてもきれいに整備されています。アメリカ軍基地が近いため、多くのアメリカ人家族で賑わっています。椰子の木もあり、まるで海外旅行へ着たような気分になれます。遊歩道をのんびり散歩するのもおすすめです。ビーチはこじんまりとしているので、特に小さな子供連れの方におすすめです。深さも深すぎないので安心です。
ここアラハビーチには、大きな船の形をした遊具があります。黒っぽい色の船は、まるで漂流した海賊線のようで迫力があります。滑り台にもなっていて、船の上まで上って遊ぶことができます。子供に大人気です。アラハビーチは西の方向へ向いています。夕方の空と海は本当に絶景です。水平線に沈む夕日を是非みてみてください。また、アラハビーチの周辺にはコンビニやカフェなどがありとても便利です。車で少し走ると北谷の人気スポット、アメリカンビレッジがすぐです。大型ショッピングモールもあります。人気コーヒーショップや、子供洋品店も近くにあるので、子供の着替えやおむつの調達にもとても便利です。
沖縄旅行でぜひ過ごしてみてください。

冬の沖縄家族旅行

冬の沖縄旅行ではもちろん海には入れません。そして意外と知られていないのですが、梅雨の時期より雨やどんよりした曇りの日が多いです。家族旅行の方におすすめなのが、沖縄でのイチゴ狩りです。沖縄にもイチゴのハウスがあります。那覇からクルマで一時間半ほどの宜野座村というエリアか、沖縄旅行は美ら海水族館で有名な名護にいくつかイチゴ狩りができる農園があります。
食べ放題の農園と、入場料を払って、量り売りのところがあるので好みによって使い分けてください。宜野座村は車海老の養殖も盛んです。実は沖縄県はあまり知られていませんが、車海老の生産量が日本一です。イチゴ狩りのあとは、車海老の天ぷらランチはいかがでしょうか。新鮮なので、塩焼きや、お刺身でもいただけます。車海老の冷凍ものは県外にも送れるので、気に入ったら自宅に送るのもできます。二月末からはツツジも咲くので、東村のツツジ祭りもおすすめです。入場料300円です。中学生以下は無料です。ツツジと、沖縄ならではの熱帯植物を見れるのでなかなか面白いです。また、東村は日本蕎麦が有名で、二月末頃からは新そばもたべれます。沖縄旅行といえば、沖縄ソバのイメージですが、日本ソバも美味しいです。

楽しかった沖縄旅行

去年私は、家族で初めて3泊4日の沖縄旅行に北海道から行きました。出発当日は朝早くに家を出て新千歳空港へ向かい、飛行機で羽田空港を経由して沖縄旅行に向かいました。無事に沖縄に降り立ち到着したのが午後3時近くで、沖縄の温度を感じたところ北海道に比べ暖かいという印象を受けました。その後レンタカーショップの送迎バスでレンタカーショップまで向かい、そこでレンタカーを借り首里城へ向かいました。
首里城は壁が赤く塗られており、屋根にシーサーが2体見えました。実際に中へ入ってみると、首里城の模型や鎧など、様々な展示品がおいてあり沖縄の歴史を学ぶことが出来ました。私は足が悪いため車いすで行きましたが、エレベーターが設置されていて障害のある方でも回りやすい配慮がなされていました。首里城を見学した後はホテルへ向かい、沖縄料理のバイキングで夕食を取り、就寝しました。
二日目は智ら梅水族館、パイナップルパークなどに行きました。三日目は琉球村や沖縄国際通り・御菓子御殿に行きました。御菓子御殿では工場も見学でき貴重な体験をすることが出来ました。最終日は昼近くまで再び国際通りに行きその後レンタカーを返した後、那覇空港でアメリカ生まれのファーストフードのA&W空港店でハンバーガーを食べたのち、新千歳空港への直行便で沖縄旅行から帰ってきました。


ハウス21にお任せすると沖縄で美しいリフォームを行ってくれるのです!沖縄でリフォームをお考えの方はぜひお問合せしましょう!

UPDATE CONTENTS

RECENT POSTS

2017年03月27日
沖縄旅行の絶景ビーチ 古宇利島を更新しました。
2017年03月27日
沖縄旅行~「沖縄らしさ」にこだわる旅を更新しました。
2017年03月27日
スケジュールにとらわれない沖縄旅行を更新しました。
2017年03月27日
日帰りでいける離島を更新しました。